ファミリークレジット [PC]


ワタミ過労自殺…残業で不正手続き、労使協定形だけ

ワタミ


居酒屋チェーンを展開するワタミフードサービス東京)に入社2カ月後に自殺した森美菜さん=当時(26)=が、長時間労働などを理由に過労死と認定された問題で、同社が労働基準法で定められた労使間の手続きを踏まず、従業員に時間外労働をさせていたことが、会社側への取材で分かった。

手続きが形骸化すれば、経営者側の思うままに従業員側に長時間労働を強いることも可能だ。

同様の違反はほかの企業でもみられ、専門家は「適正な手続きが担保されないと、過労死を助長しかねない」と警鐘を鳴らす。
 
この手続きは「時間外労働・休日労働に関する協定(三六(さぶろく)協定)」。

厚生労働省労働基準局監督課は、ワタミフードサービスについて「適正なやり方とは言えず、労基法に抵触する」と指摘している。

労基法上、時間外労働は禁じられているが、労使間で三六協定を結べば認められる。

三六協定を結ぶには、経営者側は店や工場ごとに労働組合もしくは、従業員の過半数の推薦で選ばれた代表との合意が必要となる。

ワタミフードサービスは毎年、「和民」など全国530のチェーン店(4月1日現在)で三六協定を結んでいる。

同社は労働組合が無く、協定を結ぶには、店舗ごとに社員やアルバイトの過半数の推薦を得た代表と合意しなければならない。

しかし、実際は違った。

親会社ワタミの法令順守部門を担当する塚田武グループ長は「店長がアルバイトの中から代表を指名し、協定届に署名させている」と、手続きが形骸化していたことを認めた。

同社は全店の協定届に、従業員の代表を「挙手で選出」と明記していたが、塚田氏は「挙手している前提で記載していたが、実態として行っていなかった」と釈明した。

森さんが勤めていた神奈川県内の店では当時、月120時間まで時間外労働を認める三六協定が結ばれていた。

ワタミは「次回の三六協定の更新時から、適正な手続きに改める」としている。

森さんは2008年6月に自殺。

労災を認めた神奈川労働者災害補償保険審査官によると、月の時間外労働時間は厚労省が過労死との関連が強いとする80時間を大幅に上回り、約140時間に及んでいた。

(東京新聞)

ワタミ社員の過労自殺を認定-入社2カ月の26歳女性

自殺したワタミ女性社員の過酷すぎる仕事内容が明らかに-渡邉美樹会長は謝罪せずバングラデシュ行きをツイート

15時間労働で休憩わずか30分!-入社2カ月で過労自殺するワタミ社員のスタンダードな働き方とは

過労自殺の次は不適切介護で入居者死亡…ワタミの介護に2160万賠償命令

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方

人気ブログランキングへ



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

婚活しよう!

クラブエクセレンス [PC]

恋活しよう!

ミントC!Jメール [PC]
朝日新聞の電子版
RSS
ブログ内検索
ブラック企業情報をシェアする
Share with MessengerMessenger
このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
最新コメント
更新情報
ブラック企業@Twitter
ブラック企業情報のリンク集
人気の記事
ブログパーツ
専用レンタルサーバ
専用レンタルサーバ BULK SERVER
浮気調査
原一探偵事務所
高収入求人
モバジョブ
就活・転職ブログ
ブログランキング
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アンケート
あわせて読みたい
あわせて読みたい
逆アクセスランキング